FC2ブログ

こんな夜更けにバナナかよ

大泉洋主演「こんな夜更けにバナナかよ」を観てきた。

筋ジストロフィー症で体の不自由な鹿野さんは、
何人ものボランティアに支えられ、自立生活を送っている。
医大生の田中くん(三浦春馬)もその一人だ。
田中くんの恋人美咲ちゃん(高畑充希)は、
田中くんの様子を見に鹿野家を訪れ
そのままボランティアとして通うハメに。
わがままで、自由で、決してあきらめない鹿野さん。
そんな鹿野さんといると
自分らしくいられると、美咲ちゃんは感じるようになる。

鹿野さんは実在の人物だそうだ。
映画の最後に、本物の鹿野さんの映像も出てくる。
12歳で筋ジストロフィー症を発症し
20歳まで生きられないといわれた彼は
何度も死の淵をさまよいながら復活し
42歳まで生き抜いた。
彼に関わったボランティアは500人ほどいるそうだ。

しかし、この映画は、お涙ちょうだいの難病ものではない。
明るく前向きな鹿野さんと
それに振り回されつつ
自分も元気をもらっていく周囲の人たちの明るい物語だ。
(泣いてた人もいたけど)

大泉洋は、好きな俳優だ。
こんな個性的な人は、使いにくいだろうと思うのに
次々と映画に出てくる。
いろいろな役を、自然にこなす。
多分、上手なんだろうなあ。
高畑充希も、去年「忘却のサチコ」というコメディードラマを見ていて好きになった。

鹿野さんに、多くのボランティアが召使いのように介護をする場面から、映画は始まる。
鹿野さんは、一人では何もできない。
動くのは口だけだ。
ボランティアたちに「水」「ごはん」「背中かいて」「頭起こして」「新聞!」と次々に要求し、みんな王様に仕えるように介護する。
挙げ句の果て、夜中の2時に「バナナが食べたい」と買いに行かせる。
「おれがわがままを言うのは、障害者でも、こんなふうに生きていけるというのがみんなの希望になる」云々と映画の中でいっていた気がするけど、これは、どうなんだろと思った。
わたしには、ボランティアたちは何かの修行をしているように見えた。
多分、説明が足りないのだ。
本物の鹿野さんが、本当に、こんなにもわがままであって
それでもボランティアたちが献身的に介護していたとすれば
そこには、理由があるはずだ。
わがままであるけれど、どうしても鹿野さんの人間性にひかれるとか
鹿野さんといると、自分も前向きになれるとか。
美咲ちゃんは、「鹿野さんといるときの方が自分らしくいられるような気がする」といっていたけれど
ほかのボランティアさんのつぶやきも聞いてみたかった。
「鹿野さんを見ていると、世の中に不可能なんてない気がしてくるの」とか
「だから、鹿野さんには、わがままでいてほしい」みたいな。
鹿野さんに関わった人々の声を聞きたいのだ。
鹿野さんの家庭環境も、もう少し知りたい。

限られた時間で
いかに主題からブレないように映画を作るとなると
割愛しなくてはいけないエピソードも多いのだろう。
映画の脚本や編集は難しそう。

今度はキムタクの「マスカレード・ホテル」、観に行かなくちゃ!
スポンサーサイト



映画「累」

昨日は、映画「累」を観てきた。


美しい容姿持つが、演技力のないニナ(土田太鳳)。
演技の才能はあるものの醜い容姿の累(芳根京子)。
不思議な口紅を塗って口づけをすると、二人の顔が入れ替わる。
ただし、口紅の効果は12時間。
累は、ニナの顔でオーデションを受け、みごとに合格。
女優として頭角を現す。
ニナは、累は一時の代役として利用するつもりだったが
次第に自分の人生を盗まれるのではないかという不安を感じ始める。

映画の予告でストーリーはおもしろそうだと思ったが
土田太鳳かあと思っていた。
テレビで見かける限り、甘ったるい話し方で
何でも一生懸命。優等生ですって感じの女優さんだ。
漫画が原作のラブストーリーによく出てる感じ。
だから、あまり期待しないで見に行ったのだけど
すごくおもしろかった。
いつもの甘ったるい話し方の土田太鳳はどこにもいなかった。
芳根京子も、こんなにうまい女優さんなんだと驚いた。
とにかくこの二人の迫力に圧倒された。
最後の「サロメ」の土田太鳳のダンスは、目が離せなかった。
今年観た映画では、一番おもしろかった。

ただ、気になったこともある。
累は、顔の傷があるから「醜い」という扱いなのかと思っていたら
そうではなくもともと醜い顔で、傷は跡から出来たことになっていた。
でも、少女時代の累は、全然醜くないし、芳根京子も美人だ。
また、土屋太鳳と芳根京子の顔立ちが似ているために
結構わかりにくい。
映画「ルームメイト」みたいな仕掛けがあって
わざと顔を似せているのかなと思ったけど、そうでもなかった。
だったら、芳根京子には悪いけど、もっと特殊メイクでもして醜くなってもらったほうがよかったのでは?
きれいな顔の累が醜いことの劣等感を語っても、ちょっと説得力に欠ける。

映画だから、省いたと思われる
母親の場面、口紅の秘密ももっと知りたい気もした。

原作の漫画は、最終刊が出たらしい。
読んでみたいなあ。

検察側の罪人

映画「検察側の罪人」を観てきた。
木村拓哉・二宮和也主演。

都内で老夫婦が殺害される事件が起こる。
容疑者として浮かび上がってきたのは、二十年以上前に女子高生殺人の容疑者になっていた男・松倉だ。
限りなく黒でありながら、立証できず、時効を迎えている。
松倉は、未成年の頃にも殺人を犯している。
しかし、未成年であったがために、それ程重い罪に問われてはいない。
二十年前に殺された女子高生は、最上検事(木村)が大学生の頃住んでいた下宿の娘だった。
最上は、時効を迎えた今も、犯人を罰したいと考えている。
今回の事件を契機に、松倉を裁くことを願っている。
一方、もう一人の検事沖田(二宮)は、最上を尊敬し、ついて行きたいと考えているが
徐々に疑問を抱き始める。
本当に、松倉は犯人なのか。
松倉を罰することが正義なのか。

正義を追求する二人の検事。
自分の抱く正義に絡め取られていく最上と、あくまでもまっすぐに正義を見つめる沖田のせめぎ合いがすごい。

過去に罪を犯していながら、その罪を償うこともせず
のうのうと暮らしているやつは許せないと思う気持ちは、誰でもあると思う。
ましてや、その被害者が、自分の家族や大切な人だったら。
検事という仕事に就いていたら、絶対追いつめたい。
そうしなくちゃ、気がすまない。
でも、そういう気持ちがあまりに先走ってしまうと
冤罪を生みかねない。
正義は、一線を越えるとくるりと悪に変わってしまうのだ。

見終わった後、夫の感想は
「イマイチおもしろくなかったんだけど」だった。
そうであろう。
夫は、こういう白黒はっきりしないものは好きではないのだ。
ストーリー的に奇抜ではないし
同じ検事ものでも「HERO」のような
会話で楽しめるような面白さは、微塵もなかった。
一言で言って、重い。
ひとつもすっきりしない。
でも、元SMAPのキムタクであることも、嵐のニノであることも忘れていた。
私的には、よかったな、この映画。

映画「コードブルー」

昨日は、映画「コードブルー」を観てきた。

実はテレビドラマのコードブルーが、大好きなのだ。
今までのコードブルーは、すべてブルーレイに入れ永久保存版だ。
夫はわたし以上にコードブルーのファンだ。
なので、映画化が決まったときから
すごく楽しみにしていた。

で、昨日見てきたんだけど、
なんだかなあ。
盛り上がりに欠ける。

これっていう大きなテーマがなく
3つほどの話題をむりやり詰め込んだ感じで
これなら、3話に分けてドラマにした方がいい。
海ほたるに激突した話だけ、10分くらい拡大にして。

山Pのかっこよさが出てない。
新垣結衣のひたむきさが伝わってこなくて、中間管理職っぽくなっている。
そして、エンディング、これか……という感じ。
ほのぼのとしてたけどね。

不完全燃焼だ。


そういえば、最近の朝ドラもすっきりしない。
映画監督になるために妻子は邪魔だという主人公の夫。
脚本家さん自ら
「ものを作る人間は、そういうものだ」
「わたしの周りの脚本家も結婚していない」とか言ってて
そうかあ?……と疑問に感じる。
まあ、それはドラマの流れでそうしなきゃいけないんだろうけど。

さらに、5歳児の書き方や
5歳児を取り巻く大人の書き方、あれでいいのか?
こどものセリフに、けっこうイラつく。

主人公の鈴愛と律のこどもの頃は
すごくよかったのになあ。
鈴愛の聞こえなくなった耳に律が耳を重ねるところは
映画「小さな恋のメロディ」を思い出させるくらい素敵だったのに。

まあ、文句言いながら、最後まで見るけど。

「空飛ぶタイヤ」と夏休みのおすすめ本

長瀬智也主演「空飛ぶタイヤ」を観てきた。
原作は、池井戸潤。
従業員80人の赤松運輸。
ある日、運送中にトラックのタイヤが脱輪し、歩道を歩いていた主婦に激突。
主婦はなくなってしまう。
調査にあたった大企業のホープ自動車は、整備不良という結論を出す。
しかし、赤松社長(長瀬)は、それは、トラックそのものに欠陥があったのではないかと考える。
町の運送会社が、大企業を相手に戦いを挑む。

池井戸潤の作品は、多くが、
小さな町の企業が大きな企業と戦い
形勢不利な状況のなか、一瞬、有利になるものの
またすぐにつぶされ、
もうだめだという最後の最後に一発逆転。
決まっている。
人気のテレビドラマもだいたいそうなのだけど
でも、観ちゃうんだな、これが。
どんな風に逆転するかもおもしろいのだけど
まず、安心感、爽快感があるのだ。
弱いものが強いものを打ち負かすっていうのも、日本人が好きなパターンだ。
今回の映画も、そのパターンではあるけど、おもしろかった。
わかりやすいし。
心理描写の多い映画だとすぐに飽きるうちの夫も、最後までおもしろかったようだ。

わたしは、映画を観つつ「どこに伏線を引くのか」とか「なにをきっかけに次の行動に移させるのか」とか
そんなのばっかり考えてしまう。
また、今回、脱輪事故で女性が亡くなったのだけど
何年か前に、トレーラーのタイヤが外れ、たしか小さな子どもとお母さんが亡くなる事故があったと思う。
池井戸潤の小説が、その事故の前に書かれたものか後に書かれたものかはわからないのだけど
こういうものを映像化、または書籍化する場合は
その遺族の方に許可をお願いするのだろうか。
具体的にモデルにしたわけじゃないなら、不要なのかな。
でも、遺族の方は、思い出すだろうな、いやでも。
なにか実際の事件をモチーフにしながら
フィクションを書くときは、どのくらいの人に許可をいただけばいいのだろう。
児童文学では、あまりないことだろうけど。

映画の前に、アピタ阿久比店のくまざわ書店に寄ったら、
「先生、しゅくだいわすれました」が、夏のおすすめ図書として平積みしてもらってあった。
apitaagui20181

apit1agui20182

それから、先週イオン東浦の書店リブレットさんには
ionhigasiura018
「神隠しの教室」が。

たくさんの子どもたちの手に届きますように。
プロフィール

yamamoto etsuko

Author:yamamoto etsuko
「神隠しの教室」(童心社)で、第55回野間児童文芸賞受賞。「先生、しゅくだいわすれました」「がっこうかっぱのイケノオイ」「ポケネコにゃんころりん」シリーズ、「テディベア探偵」シリーズ、「夜間中学へようこそ」などの著書を持つ児童文学作家。愛知県半田市在住 児童文学同人誌「ももたろう」同人、日本児童文学者協会会員 JBBY会員
〔家族〕 夫 息子その1(人間) 息子その2(人間)、息子その3ルウ(トイプードル) 息子その4モカ(トイプードル)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR