FC2ブログ

マレスケの虹

森川成美「マレスケの虹」(小峰書店)を読んだ。
maresuke
物語の舞台は1941年~1944年のハワイ。
マレスケは、日系二世。雑貨屋を営む祖父と暮らしている。
父親は亡くなっていて、母はマレスケと姉、兄を捨てて日本に帰ってしまった。
一世の祖父は、英語があまりわからず、日本式の礼節を重んじ、孫たちにも日本語や剣道を学ばせている。
マレスケたちは、アメリカ国籍を持ち、ハワイを愛している。
裕福ではないが、穏やかな生活を送っていたのが
第二次世界大戦勃発で一転する。
自分たちはアメリカ人でアメリカの味方なのに信じてもらえない。
日系人の青年たちは、アメリカへの忠誠を証明するために、入隊を志願する。

海外旅行が一般化され
ハワイは日本人が尋ねるもっともポピュラーな外国になった。
そこを観光で訪れる人が多くなればなるほど
かつて移民としてそこに暮らした人々の記憶は薄れ、
ハワイは、ただただ、明るく楽しい場所になっていく。
でも、そこには確かにいたのだ。
必死になって土地を耕し、
何年もかかって作り上げてきた安寧な居場所を
戦争に奪われた日本人が。

パールハーバーが爆撃されたとき
ハワイに住む日系人たちはどんなに驚き、嘆いたことだろう。
なんで、よりによってハワイを!
それは、日系人たちへの日本の裏切りだ。
この物語では、少年の目を通し、
あの戦争のときに、日系人たちがどんなことを感じ
どんなことをしてきたのかが、くっきりと描かれている。

最後のマレスケの決意が、強く心に残った。

戦後73年が過ぎ、
戦争は過去のものになりつつある。
だからこそ、こういう作品が必要なのだ。
でないと、きっとまた人はくり返す。同じことを。

巻末にあった、この物語を書くにあたっての主要参考資料の一覧を見た。
きっとこれは「主要」なものだけで
もっともっと調べたのではないか。
でなければ、これだけのものは書けない。
これは賞賛に値する。
スポンサーサイト



未来屋書店さん

童心社の販売促進部のOさんから
大津の未来屋書店さんの写真が届いた。
ootumiraiya2018
「たからばこ」と「先生しゅくだい」が、いっしょに並んでる!
下は、イオン大高店の未来屋書店。
2018miraiya11
となりに「まえばちゃん」
下の段に村上しいこさんの「みけねえちゃんにいうてみな」もある。
2018miraiya12
「先生、しゅくだいわすれました」は、童心社読み物部門売り上げ2位!
(1位はいとうみくさんの「かあちゃん取扱説明書」)
2位で十分うれしい。

未来屋書店さま、ありがとうございます。

さて、頸椎ヘルニアのモカだが
薬が効いて、とてもよくなった。
もう普通に歩けるし、顔も上げられるようになった。
ごはんも食べられるし、トイレもいける。
でも、午前中に医者に行ったら、
「今は痛みが治まっただけで治ったわけではありません。
 ちょっとしたきっかけで悪化するので
 ジャンプや、階段の上り下り、走り回るなどはやめさせてください」と言われた。
なのに、病院から帰ったとたん、
留守番をしていたルウに
「ワンワンワン」(モカだけいって、ずるい、ずるい、ずるい!)と吠えられ、
「ワンワンワン」(ずるくない、ずるくない、ずるくない!)と吠え返し
二匹で、部屋を駆け回ることに。
「もうっ! あんたたちは」
と二匹とも抱きかかえ……。
人間の子どもと同じだぁ。
「おとなしくしてなきゃだめ」って、言い聞かせたけど、通じないよなあ。

金曜日、土曜日は、お母さん東京だからね。
悪化させないでよ。
心配でいけなくなっちゃうからね。
nanika
「ちょびっと首が痛いですけど、なにか?」

頸椎ヘルニアのモカ

昨日の夕方、突然息子その4、モカの様子がおかしくなった。
歩き方が変なのだ。
頭を床にこすりつけるように下げ
背中を丸めている。
腰が痛い?
骨折?
もしかして、脳に何か異常が?
医者に連れて行こうかまよったけれど
一晩様子を見ようと思った。
今までも、急に腰は立たなくなって驚いたことがあったけれど
次の日には治っていたから。
ちょっと変なかっこうをして、筋を痛めただけかもしれない。

そう思って一晩過ごすと
状態は、更に悪くなっていて
もう歩くのもやっとだ。
背中を丸め、足もよろよろしている。
寝転んでいても、少し姿勢を変えるだけで痛むらしく
キューン、キューンと鳴くので不憫だ。

病院のHPで、ネットで予約がとれないか確認したけれど、まったく空きがない。
電話をかけて、割り込む形で入れてもらった。

検査をしてもらった結果
どうも「首のヘルニア」らしい。
まだ初期の状態なので、薬で治していこうということになった。
痛み止めを打ってもらい、絶対安静にするようにいわれた。
安静にといわれなくても
まったく動けないので、安静にするしかない。
早く薬が効いてきて
痛みが取れますように。

最近、
息子その3ルウが、肝臓が悪いといわれ
病院通いしていたのに
今度は、モカがなんて。
病気続きだ。
病気の犬たちを見ていたら
わたしも胃が痛くなってきた。

落語ねこ

赤羽じゅんこ「落語ねこ」(文溪堂)を読んだ。
rakugoneko
おじいちゃんが入院するので
七海の家で飼い猫のクマハチを預かることになった。
「こいつにどんな秘密があっても、おどろかないようにな」
おじいちゃんの言葉の意味に、七海はほどなく気づく。
デブねこのクマハチには、実は、落語家の幽霊がとりついていたのだ。
ちょうどその頃、七海は、友だちとの関係に悩んでいた。

なんといっても、デブネコのクマハチが魅力的だ。
といっても、中身は大福という落語家なので
魅力的なのは「大福」ということになるだろう。
七海と大福のかけ合いが楽しく
ぐんぐん物語を引っ張っていく。

大福がなぜ成仏できずにクマハチに取り憑いているかというと
心残りがあるからだ。
このあたりは、落語の「へっつい幽霊」の話にかけてある。
落語好きな作者ならではだ。

悪口をSNSで拡散され、元気な七海がどんどん落ち込んでいく様は、とてもリアルだった。
実際こんなふうにして追いつめられていくんだろうな。
小学生向きのもので、
こういういじめを書いているのはまだ少ないのではないだろうか。

ひとつ、気になったのは、指輪のこと。
このまま?
まだ、続きを書く予定なのかもしれないな。

作者の赤羽じゅんこさんは、元「ももたろう」の同人。
この作品は、ももたろうの40号に掲載したものを、改稿している。
40号がでたのは、今から4年半も前だ。
多分、何度も何度も書き直したのだろうな。
よくドラマなんかでは、
作家が最後に「完」と入れた瞬間に「原稿できあがり」みたいになってるが
「そんなんじゃ終わんねー!!」
と、声を大にしていいたい。
最後まで書き上げて、そこから、スタートなんだよ。
何度も読み直して
書き直しを重ねて
そうやって物語はできあがるのだ。
ここが一番苦しく、長い戦いだ。
ここで挫けて、ゴールまでたどり着けない作品のなんと多いことか。

最後までたどりついておめでとう、赤羽さん。

たからくん、発見!

イオン東浦店の書店「リブレット」さんで発見。
「二年二組のたからばこ」
takarakunhakken
2冊ならんでた
書店さんで見ると、ようやく本が出たんだなという気分になる。

このリブレットさんは、もう何年も「先生、しゅくだいわすれました」を平積みしてくださっている。
senseigakakureteru
平積みしてもらえる本は、どんどん変わっていくのに
ずうううっと置いてくださっている。
もちろん、それは、童心社の営業の方の努力があってこそなのだけど
私的には、書店さんにも大感謝だ。
平置きしてくださっている場所は、あちこち変わっているのだけど
今回の場所、「ゾロリ」の山が高すぎて、
「先生、しゅくだいわすれました」が隠れている。
「ゾロリ」よ、早く売れてくれ。
みなさん、ゾロリを買ってください。(あれ?)


本屋さんに行って帰ってきたら
変なはがきが来てた。
sagihagaki
消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ?
裁判を取り下げてほしかったら、電話してこい?
これ、夏くらいに
注意喚起されてたやつだな。
法務省をかたる詐欺はがき。
メールでも、こんなの来てた。
一人暮らしのお年寄りだとあたふたして電話しちゃいそう。
みなさまも、ご注意ください。

インタビュー

童心社のHPにインタビュー記事を載せていただいた。
童心社インタビュー
童心社では、15冊本を出してもらっているのだけれど
こんなことは初めてなので
ちょっと緊張。

今回のインタビューは、「二年二組のたからばこ」についてだ。
mihon1
これは、童心社の新しいシリーズ「だいすき 絵童話」の中の一冊として出してもらっている。
実は、こういうシリーズに入れてもらうのも初めて。
今まではみくさんの「母ちゃん取り扱い説明書」と「先生、しゅくだいわすれました」を
勝手に「姉妹本」と言い張ってただけ。

で、この「だいすき 絵童話」には、「たからばこ」以外も
もう1冊出ている。
「まえばちゃん」(かわしまえつこ作 いとうみき絵)というお話。
maebachan

HPの立ち読みでちらっと見たけど
低学年の子が喜びそうな作品だ。
今度、本屋さんで探してみようっと。

車夫3

いとうみく「車夫3」(小峰書店)を読んだ。
shahu3
「車夫」シリーズ第3弾。
浅草で観光人力車をひく「力車屋」。
両親の失踪が原因で高校を中退した吉瀬走も、19才。
車夫2年目を迎えている。
今回のテーマは、「岐路」。
進学を悩む中学生。
かつて仲間を裏切ってしまった中年の男。
大事なものを失うことに臆病になっている妻。
転職を考える仲間。
そして、走自身も、岐路にさしかかっている。

今回も、夢中になって読んでしまった。
それにしてもいとうみくの書く人物は、なんでこんなに魅力的なのだろう。
主人公、吉瀬走はもちろん、
車夫の仲間のヒデさん、山上さん、前平さん
そして、オーナーの力さんと琳子さん。
もう、わたし、力車屋に行きたい!

この前、創作童話講座で
「魅力的なキャラクターを書くには、まず、作者が登場人物をすきになってください」などといったが
いとうみくを読むと、
それだけじゃないな、と痛切に感じる。
登場人物の心情の捉え方、描き方が最高にうまいのだ。
いとうみくの手にかかれば
どんなキャラクターも心ひかれる人物になってしまう。
いとうみくは、うまい。
ちょっとムカつくほど、うまい。(いや、失礼。ごめんなさい)

さて、こんなすごいいとうみくさんと
今月末、ある企画で対談をすることになっている。
対談じゃなくて、教えを請いたいと
お世辞ではなく
かなり真剣に思っている。

創作講座終了

昨日は、知多市立中央図書館で、創作童話講座を行った。
もともとここで活動している児童文学の会「えんぴつ」さんの主催で
会員の方の作品(2点)の講評を行い
その後1時間ほど、創作についての話をした。
事前に何を聞きたいのか提出してもらったので
それに沿って「キャラクターの設定の仕方」や「ストーリーのふくらませ方」など、具体的な話をした。

その後、一般の方が帰られた後、
昼食をはさみ
午前中に講評できなかった会員さんの作品を
ダダダダダーッと一気に講評していった。
ただ、ふっと気がつくと
普段「ももたろう」の合評会で言っているみたいに
辛口の意見を言っていて
いかん、いかん。
調子に乗りすぎだ。

だいたい、わたしは、なにを偉そうに
創作の仕方を語ったり
人の作品に文句をつけたりしてんだろう。
『たいした作家じゃないくせに、
 偉そうにしてんじゃねえよ』(チコちゃんふうに)
考え出すと落ち込むので
考えないようにしている。

それでも、あんなにグサグサ辛辣なことを言われたにもかかわらず
「えんぴつ」の方は喜んでくださったようで
来年も是非お願いしますといってもらえた。
よかった~。


義兄夫婦から伊勢エビと大量の干物(100枚以上あった)を送ってもらった。
干物は、兄嫁の手作りで
ちゃんと真空パックにしてあるので、すべて冷凍庫へ。
伊勢エビは、どうしよう。
iseebi2018
迷ったけど、結局お味噌汁にした。
iseebimisosiru
美味しかった~。

たからくんの見本

「二年二組のたからばこ」(童心社)の見本が届いた。
mihon1
表紙を開くと、こんな感じ。
hirakuto
「たからくん、いろいろ落としてますよ」
と声をかけたくなる表紙。

この話は、落とし物ばかりしているたからくんの物語だ。
たからばこは、
宝の箱じゃなくて
たからくんの落とし物をいれておく箱。
どこのクラスにも一人はこんな子がいるはず。

「おかわりへの道」以来8ヶ月ぶりの新刊だ。
何冊本を出しても
新刊が出るとうれしい。
たくさんのこどもたちに読んでもらえますように……。

書店さんにならぶのは、15日くらいらしい。



ぼくらの一歩30人31脚

いとうみく「ぼくらの一歩 30人31脚」(アリス館)を読んだ。
30nin31kyaku
6年生の2学期という中途半端な時期に転校してきた萌花。
なじめるかなと不安な気持ちで教室に入ったとたん歓声が上がる。
救世主扱いなのだ。
というのも、「30人31脚」の大会に出るためにどうしても一人足りなかったからだ。
当然、萌花も参加するといわざる得ない状況なのだが、大きな問題が。
萌花は、超鈍足なのだ。
悩める救世主萌花の第一章。
第二章は、しっかり者の副キャプテン中谷琴海の物語。
萌花を特訓するキャプテンの克哉は幼なじみ。
小さいころに母親を亡くした克哉。
それまでは泣き虫だったのに、涙を見せなくなった克哉。
誰よりも克哉を知っている。
30人31脚をやりたいといったのは琴海で
そのために萌花を特訓してくれているのはうれしいことなのに
でも、ちょっと腹立たしい。
第三章は、克哉の物語。
実は、克哉にはみんなに秘密にしていることがあった。
30人31脚が終わったら、転校するのだ。
だからこそ、最後は精一杯走りたいと思っていたのに……。

30人31脚の大会に望む
三人三様の思い。
どれを読んでも共感できてしまった。
萌花の章を読めば、どうして萌花が頑張ることが出来たか
すごく納得できた。
ただ、反面「こりゃあ、女の敵を作るな」とも感じたので
琴海の章で起こる出来事に「ほ~らね」と思った。
琴海のヤキモチと、でもそれを認めることが出来ないところ。
ついお利口さんな受け答えをしてしまったり
「自分がみんなを支えてる」的な思い込みを打ち砕かれてへこむところは
痛いくらいにわかった。
でも、何よりも最後の30人31脚の大会の結果が描かれる克哉の章は、よかったぁ。
大会を前に、クラスの仲間たちが変わっていく様にワクワクした。
そして大会の緊迫感ときたら……!
最後は、泣けた。

若干、みんな6年生より大人っぽいなと思ったけど
それは、わたしの知ってる田舎の(!)6年生が超おこちゃまのせいかもしれない。


今年の野間児童文芸賞は
安東みきえさん「満月の娘たち」(講談社)
mangetu
このブログでも取り上げたことがあるが
納得の受賞だ。
おめでとうございます。
プロフィール

yamamoto etsuko

Author:yamamoto etsuko
「神隠しの教室」(童心社)で、第55回野間児童文芸賞受賞。「先生、しゅくだいわすれました」「がっこうかっぱのイケノオイ」「ポケネコにゃんころりん」シリーズ、「テディベア探偵」シリーズ、「夜間中学へようこそ」などの著書を持つ児童文学作家。愛知県半田市在住 児童文学同人誌「ももたろう」同人、日本児童文学者協会会員 JBBY会員
〔家族〕 夫 息子その1(人間) 息子その2(人間)、息子その3ルウ(トイプードル) 息子その4モカ(トイプードル)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR