FC2ブログ

すごい世界を垣間見た話

着物の着付けを習い始めた頃
5000円の洗える着物を一枚買った。
母の着物は昔のものなので正絹で
汚れても簡単には洗えない。
洗濯機で洗えるものが、練習用にはぴったりだからだ。

そのお店から電話がかかってきた。
「倒産したお店の商品を引き取ったので格安でお売りできます」
チラシも届いた。
なるほどすべてが安い。
「和装バッグ16000円→3500円」とある。
着物のときのバッグはほしいと思っていた。
うちにあるのはみんな小さくて、お財布が入らないのだ。
チラシに招待券が入っていたので、行ってみた。

お店は、布できれいに取り囲まれ、閉鎖的な空間になっていた。
なんだかいやな予感がするので帰ろうかなと思ったら
店員さんにつかまってしまった。
中は畳が敷かれ、着物が所狭しと飾ってあった。
38万円のが10万円とか、
40万のが15万とか、値引率から考えれば安いが、そういうのは安いとは言えない。
「買う買わないはいいので、見ていってください。で、一枚は羽織ってみてください」
と連れて行かれ、いろいろ説明を聞く。
飾ってある着物も反物も帯も芸術品のように美しい。
うっとり見ていたら、
「こちらとこちら、どちらが好みですか?」と反物を差し出され、うっかり指さした。
すると、鏡の前に連れて行かれた。
お店の人は一枚の反物をわたしの体にあてると
魔法のように着付けてくれた。
前だけ見ると、着物を着ているようにしか見えない。
本当に美しい反物だった。
ごくうすいピンクに、薄茶のグラデーションがはいっていて
ところどころ白と水色の花びらの花がついている。
小紋用らしいが、訪問着にまけない品格がある。
帯も帯揚げも帯締めも、あわせてくれた。
「いかがですか?」と聞かれ正直に「すてきです」と答えた。
反物の端に値段が見えた。「98」という数字が見えたので
ああ、反物だけで9万8千円かとおもい、
「これお仕立てしてもらうとおいくらなんですか?」
と聞くと、店員さんは電卓を見せてくれた。
12万ちょっと。
この素敵な着物なら安いと、思った。
でも、わたしには分不相応だ。着ていくところもないのに。
店員さんに、
「すみません。すごくすてきですけど、衝動買いできる金額ではないので」とお断りすると、
「じゃあ、例えば、これが半額になるといったら、どうですか?」
半額? 気持ちが一気に揺らいだ。
「え、どれくらいまで?」
「そうですね、例えば60万くらいだったら」
そこまでいわれて、気がついた。
一桁ちがってた!
うわ~。この反物、98万円なんだ!
て、ことは、さっき見た金額は120万!
「いや、とてもとても、即決できる額ではないので、一度、家にもどって、それでもほしいと思ったら、改めて寄らせていただきます」
と、そそくさと帰ってきた。

危ね~。

着物なんて買ったことないから
相場ってものが全然わかってなかった。

それにしても、お店の人、見る目がなさ過ぎだ。
綿シャツに履き古したデニムのわたしに、120万の買い物を勧めるなんて。
片手には、同じショッピングセンター内にある100均の袋まで下げてたのに。

いや~。
すごい世界だ。
勉強になった。

結局、3500円のバッグは
どこにあったのだろう。
チラシにあった安売り商品は、なにも見かけなかった。
帰り道になって、ようやくそのことに気づいた。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

yamamoto etsuko

Author:yamamoto etsuko
「神隠しの教室」(童心社)で、第55回野間児童文芸賞受賞。「先生、しゅくだいわすれました」「がっこうかっぱのイケノオイ」「ポケネコにゃんころりん」シリーズ、「テディベア探偵」シリーズ、「夜間中学へようこそ」などの著書を持つ児童文学作家。愛知県半田市在住 児童文学同人誌「ももたろう」同人、日本児童文学者協会会員 JBBY会員
〔家族〕 夫 息子その1(人間) 息子その2(人間)、息子その3ルウ(トイプードル) 息子その4モカ(トイプードル)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR