FC2ブログ

ももたろう懇親会・池袋ジュンク堂

先週の金曜日(5/11)は、ももたろうの集まりがあった。
まずは、同人で集まり、会計報告やら今後の予定やら決めた後、
48号の合評。

それをギリギリまでやって、場所を移動。
鬼ヶ島通信の方々や、日頃お世話になっている方々との懇親会。
同人のみんなが
kake
こんな素敵なケーキを準備してくれた
それから、ももたろうOBで作家の堀切リエさん、ももたろうの表紙を書いてくださっているイラストレーターの松田志津子さん、ももたろうの編集・印刷をしてくださっているサンタポストのKさん、緑陽社のTさんから
スワロフスキーのぎっりしつまった
ジュエリーみたいなボールペンをいただいた。
bollpen
名前も彫ってあった。
保証書のついたボールペンなんて、はじめて見た。
ありがとうございます。

わたしの前の席は、作家の那須田淳さんだったのだが
「(わたしの)、野間賞の贈呈式に出た後から、体調が悪くなった」とおっしゃっていていた。(今は回復されている)
隣に座っていたひらのてつおさん(わたしのデビュー作の絵をかいてくださった)も
少し前、体調を崩されていたらしかった。
あのとき、「わたしの人生のツキをみんな使い果たしていいから野間賞をください」と神様にお願いしたのだけど、
どうも、わたしのツキだけでは足りなくて
わたしの周りの人たちのツキもちょっとずつもらっていたらしい。
そういえば、担当のHさんも、目を腫らしてたし。
わたしは、みんなのツキを少しずつもらって
孫悟空の元気玉のようにして賞をもらったのだ。
なるほど。新たな事実が判明した。

その日の夜は、同人の蓼内さんのおうちに泊めてもらった。
蓼内さんのお宅に泊まると、
いつも2時過ぎまで、ふたりでお酒を飲みながら話し込んでしまう。
蓼内さんのデビュー作「右手にミミズク」は、この秋フレーベル館よりが出版が決まっている。

翌日は、ジュンク堂書店池袋本店へ。
「幼年童話フェア」に「がっこうかっぱのイケノオイ」と「くつかくしたの、だあれ」が入れてもらえたのだ。
4月にTwitterで知って見に行きたいと思っていたのだが
今度東京に行くときには終わっているということだったのであきらめていた。
そしたら、理論社の営業の方が
「1ヶ月延長になりました。是非いらしてください」と教えてくださったのだ。
「行きます!」とお返事したら
作家のいとうみくさんから「同行させていただいていいですか」と連絡をもらった。
みくさんの「おねえちゃんて、もうたいへん」も展示してあるのだ。
みくさんがいらしたら、書店の方も喜ばれるだろう。
junkdou1

jyunkudou2

児童書担当のIさんにご挨拶もできた。
却って迷惑かと思ったのだけど、色紙を持参した。
sikisi250
芸能人みたいなサインはこっぱずかしいので
(みんな、ああいうのどうやって考えるんだろ)
いつも記名って感じになってしまうので
少しでも華やかにと工夫したら
小学校の教室掲示みたいになってしまった。

かっこよく作家らしくしたいと思っても
やっぱりわたしのやることは
いつもどこか子どもっぽくてはずかしいなと後で反省する。
けど、たぶん、またくり返すんだな。
性懲りもなく。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

yamamoto etsuko

Author:yamamoto etsuko
「神隠しの教室」(童心社)で、第55回野間児童文芸賞受賞。「先生、しゅくだいわすれました」「がっこうかっぱのイケノオイ」「ポケネコにゃんころりん」シリーズ、「テディベア探偵」シリーズ、「夜間中学へようこそ」などの著書を持つ児童文学作家。愛知県半田市在住 児童文学同人誌「ももたろう」同人、日本児童文学者協会会員 JBBY会員
〔家族〕 夫 息子その1(人間) 息子その2(人間)、息子その3ルウ(トイプードル) 息子その4モカ(トイプードル)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR