FC2ブログ

怪談えほん原画展

JBBYから、こんなチラシが届いた。
kaidanehon0
「怪談えほん原画展」と「世界を変える美しい本展覧会」。
刈谷市美術館で同時開催らしい。
「怪談えほん」は、岩崎書店で出しているシリーズ。
京極夏彦とか宮部みゆきとか一流の方々が書いている。
正直いうと、子どもには怖すぎる。
特に、京極夏彦の「いるの いないの」は、気の弱い子ならうなされる可能性大。
でも、原画は見てみたいので行くことにした。

kaidanehon2

「ゆうれいのまち」大畑いくの 文・恒川光太郎
「悪い本」吉田尚令  文・宮部みゆき
「ちょうつがいきいきい」軽部武宏  文・加門七海
「いるの いないの」町田尚子  文・京極夏彦
「マイマイとナイナイ」宇野亜喜良  文・皆川博子

怪談えほんの第一期の作品だ。
絵本の原画というのは
どれを見てもすばらしい。
印刷された本にはない美しさがある。

とくにわたしが心をひかれたのが
「いるの いないの」の町田尚子の絵。
細部まで丁寧とか色彩に味わいがあるとか
そういうことだけでなく
目が離せなくなるほど魅力がある。
怖いけど。

そして、ふと不思議に思ったのが
「悪い本」吉田尚令の原画。
宮部みゆきのこの文に、どうしてこの絵をつけようと思ったのだろう。
文章は、具体的なものがなく
登場人物さえ明らかになっていないのに。
どうやって物語を展開させていったのだろう。
それにしても、この画家さん、いろいろな絵を書かれる方だ。
「雨ふる本屋」の絵とは、真逆だ。
吉田尚令が絵を担当した本が、何冊も販売されていたけれど、
どれも全然ちがう。
文章を最大限に生かす絵を書いてくれる画家さんなのだな。

2階では「世界を変える美しい本展覧会 インド・タラブックスの挑戦」を見た。
シルクスクリーンをつかった
ハンドメイドの絵本。
気の遠くなるような工程を経て作られる本は、ため息が出るほど美しかった。
sekaiwokaeru1
(ここは撮影OK)


美術館の帰り、夫と回転寿司に行き
ご機嫌で帰宅したら
なぜか息子その4、モカの様子がおかしい。
腰を丸めて、立ち上がろうとしてもすぐに座ってしまう。
歩けないみたいだ。
先日、フローリングのワックスがけをしたら、
犬たちが、今までよりもやたらにツルツルすべるようになった。
ソファの前にラグを敷いたのだけど、
全部は敷ききれなかった。
それで、腰に負担がかかったのだろうか。
それとも、何かの弾みで痛めたのだろうか。
散歩にも行けず、ごはんを食べるのも腹ばいになっている。
いつものようにはしゃぐこともない。

そうなると、わたしはもうなにもかも手につかなくなってしまう。
わたしだけじゃない。
夫も息子たちも(上の息子は、一人暮らししているアパートから様子を見に来た)
モカが気になってしかたない。

かかりつけの犬猫病院は、最近ネットで予約がとれるようになったので
月曜日のできるだけ早い時間に、予約を取り
ベッドでモカを横に寝かせ眠った。

で、月曜の朝。

あれ?
モカ、復活!
あんなに痛そうにしていたのは、なんなんですか?
仮病?
naorimasita
「治ったから、いいでしょ?」


いいよ、いいよ。
仮病でも、大げさでも。
元気になってくれれば。

でも、フローリングのツルツルは、やっぱりまずい気がする。
すべらないワックスを買ってきて、塗り直そうかな。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

yamamoto etsuko

Author:yamamoto etsuko
「神隠しの教室」(童心社)で、第55回野間児童文芸賞受賞。「先生、しゅくだいわすれました」「がっこうかっぱのイケノオイ」「ポケネコにゃんころりん」シリーズ、「テディベア探偵」シリーズ、「夜間中学へようこそ」などの著書を持つ児童文学作家。愛知県半田市在住 児童文学同人誌「ももたろう」同人、日本児童文学者協会会員 JBBY会員
〔家族〕 夫 息子その1(人間) 息子その2(人間)、息子その3ルウ(トイプードル) 息子その4モカ(トイプードル)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR