FC2ブログ

JBBY総会&懇親会

昨日は、JBBY(日本国際児童図書評議会)の総会&懇親会に出席した。
実は、今までこの会に出たことはなかったのだけど
今回は、総会の後、角野栄子さんのトークショーがあるということだったので
トークショー目当てで出かけた。
角野さんは、昨日のあさイチ(NHK)にも出ていらして大忙しだ。

角野さんは、野間賞の贈呈式にも来てくださっていて、
お声をかけていただいた。
そのときも思ったのだが、とても80歳をすぎているとは思えない。
背中がすっと伸びている、
笑顔が若々しい。
そして、そんな若々しい角野さんは、
「これから、どんなものを書いていこうと思っているか」を語られた。
まだ書きたいものがあって
新しいものを書いていこうと思っているということに感動した。
このお年になっても
こんな素晴らしい賞をいただいても
まだ、ゴールじゃなくて、当然のように先に進んでいこうとしている。
すごい!

懇親会では会の前半に、あいさつをさせていただいたので
その後、いろいろな方が声をかけてくださった。
児文協の懇親会とは来ていらっしゃる方が全然違って
翻訳者の方がほとんど。
図書館関係の方もいらしていた。
「大ファンなんです」といってくださる司書さんもいらしてうれしかった。

今回、当然なのだが、新幹線で日帰りした。
ここのところ、事件続きの新幹線。
いつもより乗務員さんのすがたを見ることが多かった。
警備ってことなんだろうなあ。
わたしも思わず座るときに、座席が本当に外せるのか確認してしまった。


さて、わたしは今回、なんと着物を着て東京まで行った。
こんな長時間着ていたのは初めてだ。
疲れちゃうかなと思ったけど、そうでもなかった。
jabbykimonode
着崩れて、帰りに服を買って着替えなくてはいけなくなったらどうしようと思ったけど
そうはならずに帰宅できた。
もちろんトイレに行くたびにあちこち直してたんだけど。
でも、はじめの頃より、かなり手早く(といっても30分かかる)着られるようになった。
長時間着てても大丈夫なことがわかったので、また着ていこうっと。

話はちょっと変わるのだけど
ももたろうのHPに、わたし宛のメールをくださる方がいて
それは、ありがたいのだけど、いつも文面が
「くれぐれもお体をいたわって、長生きしてください」とか
「積年のご努力のたまものです」とか
「末永く作品を書き続けてください」とか
どうも、わたしのことをものすごいおばあさんと思っていらっしゃる気がする。
別に、若くはないけど、でも、まだ、そこまでお年寄りでもないとメールに書こうかしらと思いつつ、そんなこと書くのも変かなと。
だから、その人が、上の写真を見て
そんなにおばあさんじゃないじゃんって、気づいてくれることを。期待します。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

yamamoto etsuko

Author:yamamoto etsuko
「神隠しの教室」(童心社)で、第55回野間児童文芸賞受賞。「先生、しゅくだいわすれました」「がっこうかっぱのイケノオイ」「ポケネコにゃんころりん」シリーズ、「テディベア探偵」シリーズ、「夜間中学へようこそ」などの著書を持つ児童文学作家。愛知県半田市在住 児童文学同人誌「ももたろう」同人、日本児童文学者協会会員 JBBY会員
〔家族〕 夫 息子その1(人間) 息子その2(人間)、息子その3ルウ(トイプードル) 息子その4モカ(トイプードル)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR