FC2ブログ

ほしのともだち ぴりん

押川理佐「ほしのともだち ぴりん」(世界文化社)を読んだ。
pirin
七夕の夜、しゅうくんは願い事を変更しようと短冊を引っ張る。
すると、いっしょに星の子が落ちてくる。
天の川で短冊釣りをしていたのに、引っ張られてしまったのだ。
元の場所に戻るには、
たらいの水に天の川を映してのぞきこめばいい。
ところが、雨が降ってきて……。

これは、建礼門院右京大夫という人の読んだ
「きかばやな二つの星の物語 たらひの水に映らましかば」という歌にちなんでいるらしい。
平安時代には、たらいの水に星空を映してながめる習慣があったのだそうだ。
でも、おっこちてきたぴりんは、
現代の星の子らしく、元気で明るく、現実的だ。
「魔法が使えるようになりたい」なんて願いには「自分で努力しろ」
あげくのはて、しゅうくんのベッドに寝転んでおやつを食べる始末。

かわいいお話には、ぴったりのかわいい絵がついている。
イラストレーターは、一條めぐみさん。

市販されているのではなく、「おはなしワンダー」という
保育園などで配布される形の絵本。
七夕の短冊といっしょに家に持ち帰る保育園児の姿が目にうかぶ。

押川さんは、現在、NHK「ざわざわ森のがんこちゃん」や「えいごでがんこちゃん」の脚本を手がけている。

押川理佐さんの所属する同人誌「泳げ!」27号も出た。
oyoge27
こちらは、児童文学に限らず
歴史小説、旅行記、書評など自由に展開している。
読んでみたいなと思われる方はこちら。
およぶろ
メールフォームに御連絡を。
スポンサーサイト

コメント

No title

わ~! ご紹介くださり光栄です!! どうもありがとうございます☆

Re: No title

> わ~! ご紹介くださり光栄です!! どうもありがとうございます☆

こちらこそ、ありがとうございました。

かわいい絵本ですね~。

Twitterで、紹介している方もいらっしゃいましたね。

Secret

プロフィール

yamamoto etsuko

Author:yamamoto etsuko
「神隠しの教室」(童心社)で、第55回野間児童文芸賞受賞。「先生、しゅくだいわすれました」「がっこうかっぱのイケノオイ」「ポケネコにゃんころりん」シリーズ、「テディベア探偵」シリーズ、「夜間中学へようこそ」などの著書を持つ児童文学作家。愛知県半田市在住 児童文学同人誌「ももたろう」同人、日本児童文学者協会会員 JBBY会員
〔家族〕 夫 息子その1(人間) 息子その2(人間)、息子その3ルウ(トイプードル) 息子その4モカ(トイプードル)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR