FC2ブログ

怖がりだっていいじゃん

本は、本屋さんで購入することを心がけているのだけれど、
こちらの本屋では、なかなか見かけないのが「飛ぶ教室」。
アマゾンに予約しておいたら、昨日届いた。
tobukyousitu54
怖い話の特集かと思ったら、ちょっとちがった。
「怖がりだっていいじゃん」
「怖がり肯定」の特集だった。

まだ、すべてを読んだわけではないけれど
戸森しるこ「ルフラン」がとてもよかった。
短い中に、「戸森ワールド」が、ぎゅっと凝縮されていた。
タイトルをはじめとする、言葉の選び方がうまい。


江國香織のインタビューも興味深く読んだ。

最後のページの「読者の感想」で
53号に載せたわたしの「犬がすきなぼくとおじさんとシロ」がよかったと書いてくださっていた人がいて、うれしかった。

怖い話で思いだしたが、昔は、お盆前後になると
決まって「怪談」をテレビでやっていた。
今でも覚えている。「怪奇十三夜」
幽霊話を13日間やる。
怖くてしかたないけど、見ないとたたられるような気がして、見た。
そして眠れなくなる。
「あんなもの、見てるからだ」と母にしかられる。
(いや、テレビつけたの、あなたたちでしょ←今ならいえる)
その繰り返し。

それから、わすれられないのが山岸凉子のマンガ「幽霊談」。
雑誌「りぼん」の付録(別冊)だった。
もう、この怖さときたら……。身も凍るものだった。
あまりの怖さに捨てようと思うのだけど、それも怖くて出来ない。
本棚に置いておくと、そこから得体の知れないオーラが漂ってくる(気がする)。
薄っぺらい本なのだけど、そこにあるだけで、恐怖がっ!

今も幽霊は怖い。
お化けのテレビは、絶対見ない。
でも、「幽霊が出る」噂のあるホテルにも平気で泊まれるし(だって、安いんだもの)、
今、このブログも仏間で書いている。
(我が家でここが一番涼しい)


じゃあ、怖いものがなくなったかといえば、そうでもない。
子どもが生まれたとき、
わたしは、自分がものすごく怖がりになったことに気づいた。
地震も、台風も、火事も怖い。
子どもを襲う病原菌が怖い。
意味もなく人を傷つける輩とか
息子のやわらかい肌を刺す虫ですら怖かった。
今、手元にある無防備な小さな命を
ほんの少しでも傷つけるような物がすべて怖かった。
そういった脅威が襲ってきたときに、わたしは、どうやってこの子たちを守ったらいいのか。
絶対守り切れない。
そう思うと、体が震えた。
「幽霊」は、こどもたちを傷つけたりはしないだろうから、
「恐ろしいものランキング」では、下位に下がっていった。
そんなもんに、怖がってる場合じゃなかったのだ。

子どもも大きくなって、もうわたしの保護下ではなくなった。
わたしが抱きかかえて守ることもないだろう。
そうなると、一気に怖かったものの「怖い度数」が薄まってきた。
しかし、だからといって、いったんランキングがさがった「幽霊」が、盛り返してくることはなかった。
様々な恐怖を乗り越えてきたわたしの神経は、
今やヒマラヤ杉ほども太い。
今、怖いのは、人の力ではどうにも出来ない天災。
それと、核や戦争。
自分の子だけではなく、すべての命を脅かすものが怖いと思う。
こういうのは、怖がっていいのだ。
怖いからこそ、どうにかしなければと思える。
それこそ「怖がりだっていいじゃん」だ。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

yamamoto etsuko

Author:yamamoto etsuko
「神隠しの教室」(童心社)で、第55回野間児童文芸賞受賞。「先生、しゅくだいわすれました」「がっこうかっぱのイケノオイ」「ポケネコにゃんころりん」シリーズ、「テディベア探偵」シリーズ、「夜間中学へようこそ」などの著書を持つ児童文学作家。愛知県半田市在住 児童文学同人誌「ももたろう」同人、日本児童文学者協会会員 JBBY会員
〔家族〕 夫 息子その1(人間) 息子その2(人間)、息子その3ルウ(トイプードル) 息子その4モカ(トイプードル)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR