FC2ブログ

なかやみわ 絵本の世界展

一宮の三岸節子記念美術館で行われている
「なかやみわ 絵本の世界展」に行ってきた。
nakayamiwa1
入り口で、「くれよんのくろくん」や「そらまめくん」がおでむかえ。

nakayamiwa3
入場券もかわいい。
そして、なかやさんも本人もかわいい。

いろいろな作家さんの絵本の原画を見てきたが
かわいさにポイントを置けば、なかやみわは、ピカイチだ。
柔らかな優しい色使いは
見ているだけで心が和む。
今回原画を見てわかったのだけど、本当に繊細だ。

今回は「そらまめくん」シリーズ、「くれよんのくろくん」シリーズ、「どんぐりむら」シリーズ、「やさいのがっこう」シリーズの原画の他、
キャラクターの設定企画図や、ラフ画、下書き絵本なども展示してあった。
キャラクター設定は、ものすごく細かく
どの本のキャラクターも、性格、口癖、家族構成、血液型まで設定されていた。

かわいい絵に気をとられがちだが
ストーリーをきちんと見てみると、
「仲間はずれ」や「死」や「自己肯定感」などもとりあげていてすごいなと思った。

会場では、こどもたちが熱心にそらまめくんやくれよんたちの塗り絵をしていた。
いいなあ、愛されてるなあ。
ちょっとうらやましくなった。
絵が描けるっていいなあ。



しかし、今日は、本当はこんな所に行っている場合ではなかった。
仕事が、全然進んでないのに……。

でも、行きたかったんだもの(>_<)
19日で終わっちゃうし。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

yamamoto etsuko

Author:yamamoto etsuko
「神隠しの教室」(童心社)で、第55回野間児童文芸賞受賞。「先生、しゅくだいわすれました」「がっこうかっぱのイケノオイ」「ポケネコにゃんころりん」シリーズ、「テディベア探偵」シリーズ、「夜間中学へようこそ」などの著書を持つ児童文学作家。愛知県半田市在住 児童文学同人誌「ももたろう」同人、日本児童文学者協会会員 JBBY会員
〔家族〕 夫 息子その1(人間) 息子その2(人間)、息子その3ルウ(トイプードル) 息子その4モカ(トイプードル)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR