FC2ブログ

碧南市で講演会

今日は、碧南市文化会館3階大会議室で講演会を行った。
「こどもたちの健やかな成長を願う会」の行事なので
お客様は、先生方や教育委員会の方々、保護者の方が中心だったものの
一般のお客様の姿もちらほら見られた。
最終的には100人ほどのお客様が来てくださったようだ。

碧南は、教員時代のほとんどをすごした町。
先生方も、こどもたちも、保護者の方々も
お世辞ではなく大好きな町だ。
教師としても、作家としても育ててもらった。
知っている先生も多く、
今日は、なつかしい顔にたくさん会うことが出来た。
今まで、市内のそれぞれの学校に話に行くことはあっても
こういう場所でさせてもらうのは初めてだ。
碧南の皆さんに「野間児童文芸賞受賞」の報告をすることが出来てうれしかった。


わたしの作品の多くは
碧南の学校をモチーフとしているので
今日は、そういった作品のことを中心に話した。
ネタを提供してくださった先生方は、しっかり実名で(笑)紹介した。
時々顔見知りの先生を指名したり、
けっこうやりたい放題
伸び伸びと楽しく(迷惑?)、講演することが出来た。

あ~。おもしろかった。


夜は、夏祭りに行った。
電車で二駅のところだ。
駅前から運河のあたりまで、お店が出たり、アートイベントをしていたり
コンサートや、盆踊りもしていた。
natumaturi1

natumaturi2
運河には、ヒカリノ玉がうかんでいて
とてもきれいだった。
駅前に出ていたお店は、いかにもお祭りらしいフランクフルトやポテトなどのお店だったけれど
運河の周りはおしゃれなキッチンカーや
アート作品のお店がたくさん出ていて
二つのお祭りを楽しんだ感じだ。

夜のお祭りって楽しい。
浴衣を着て出かけられたので、それもうれしい。

8月の講演会二つが終わり、少し肩の荷が下りた。
(原稿は終わってないけど)
次の講演会は、9月だ。


明日は、東京に参ります。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

yamamoto etsuko

Author:yamamoto etsuko
「神隠しの教室」(童心社)で、第55回野間児童文芸賞受賞。「先生、しゅくだいわすれました」「がっこうかっぱのイケノオイ」「ポケネコにゃんころりん」シリーズ、「テディベア探偵」シリーズ、「夜間中学へようこそ」などの著書を持つ児童文学作家。愛知県半田市在住 児童文学同人誌「ももたろう」同人、日本児童文学者協会会員 JBBY会員
〔家族〕 夫 息子その1(人間) 息子その2(人間)、息子その3ルウ(トイプードル) 息子その4モカ(トイプードル)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR