FC2ブログ

デンパーク

昨日は、車で30分ほどのところにある安城のデンパークに行ってきた。
denp1
安城は、「日本のデンマーク」と呼ばれ(全国的にいうかどうかは疑問)ている。
それで、「デンマーク」をイメージしたテーマパークらしい。
中に、それっぽい建物はあるが、はたしてデンマークなのか?
ミッフィーちゃんの専門店や、
デンマークっぽいソーセージなども売っているが
地元の食材、パン、小物などのほうがおおく、今ひとつ「デンマーク」感は得られない。
期間限定なのかもしれないが、「ゲゲゲの鬼太郎」とのコラボもしてて
鬼太郎のちゃんちゃんこを着て写真が撮れるだの
鬼太郎グッズの販売だの
さらにデンマークからはかけ離れていた。

それでも、花を見ながらぶらぶらお散歩するにはいいところだ。
大道芸などのイベントや
体験教室なども充実している。
こどもたちが自由に遊べる広場もある。
観光客が集まるテーマパークというより
地元の人たちの憩いの場と考えた方が良さそうだ。

お昼頃に行ったので、中のレストランに入った。
そして、運転が夫だというのをいいことに、昼間から、
denpa2
こんなのを頼んでしまった。
ビール三種飲み比べ。(でも、ショートグラスですので! ソーセージは夫と半分こだし)
ここで作っているビールだそうだ。
癖がなくて、飲みやすかった。
が、
denpa3
わたしは、このネーミングにひっかかった。
「ごんの……」ですと?
「ごん」というのは、このあたりでは「ごんぎつね」を指す。
もう、また安城は「新美南吉」を使って!

新美南吉は、半田出身の作家だ。
しかし、教員として安城に勤めていた時代があるのだ。
それで安城は「新美南吉が青春時代を過ごした町」というのをウリにしている。
町のあちこちの壁に南吉の物語の絵を書いたり
看板を飾ったりしている。
記念館こそないが
かなりの労力と費用を投じている。
半田は、負けている。
このことが地元民としてはちょっとくやしい。

でも、わたし自身の身に置き換えれば
半田は、生まれ育った町だけど
教員として長く通い、そしてお話のネタを提供してくれたのは碧南だ。
だから、なにかのおりに碧南がわたしのことを「地元の作家」としてくれてもなんの不満もない。
碧南の皆さん、どうかわたしを地元の作家として認知してくださいといいたいくらいだ。
南吉だって、そうだろう。

そうだよね。
南吉だって、本望だよね。
うん、安城が「南吉の町」を名乗ることを許そう。

なんの権限もないくせに
そんなことを考えたほろ酔い作家山本。
昼ビールって効くわぁ。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

yamamoto etsuko

Author:yamamoto etsuko
「神隠しの教室」(童心社)で、第55回野間児童文芸賞受賞。「先生、しゅくだいわすれました」「がっこうかっぱのイケノオイ」「ポケネコにゃんころりん」シリーズ、「テディベア探偵」シリーズ、「夜間中学へようこそ」などの著書を持つ児童文学作家。愛知県半田市在住 児童文学同人誌「ももたろう」同人、日本児童文学者協会会員 JBBY会員
〔家族〕 夫 息子その1(人間) 息子その2(人間)、息子その3ルウ(トイプードル) 息子その4モカ(トイプードル)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR