FC2ブログ

時期を待つ

昨年、なばなの里で菊の鉢植えを買った。
一つの株からいろいろな色の花が咲く変わり種だ。
花が終わってから、短く刈り取り、放置しておいたら新しい葉が出てきた。
茎も伸び、葉も増え、夏の初めにはつぼみがたくさんついた。
今年も咲いてくれるんだ。
毎日水をあたえ、肥料もやった。
でも、つぼみは遅々として大きくならず
夏が終わった。
つぼみは依然固いままだ。
これは、もしや開かないのでは……と半分あきらめかけていた。

すると、9月の半ばから、少しずつつぼみがほころび始めたではないか。
のんびりとしたペースではあるけれど、
一つ、また一つと咲いていく。
2018kiku
去年は5,6ミリの小さな菊がキャンディーのようにたくさんついていたのが
今年は結構大きめになってしまった。
肥料が多かったのかな。

時期が来れば、咲くんだ。

いつ咲くのかと、じりじりしていたが
世話を怠らなければ、ちゃんと、咲く。
時期を待つことが必要なんだ。

(お、わたし、いいこといったかも。
メモメモ。どこかに使おう)

そんなふうに、時期を待った同人仲間の蓼内明子さんの本がもうじき出る。
migitenimimizuku
長いこと、努力を続けてきて
ようやくデビューまできた。
今、大きな花が咲こうとしている。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

yamamoto etsuko

Author:yamamoto etsuko
「神隠しの教室」(童心社)で、第55回野間児童文芸賞受賞。「先生、しゅくだいわすれました」「がっこうかっぱのイケノオイ」「ポケネコにゃんころりん」シリーズ、「テディベア探偵」シリーズ、「夜間中学へようこそ」などの著書を持つ児童文学作家。愛知県半田市在住 児童文学同人誌「ももたろう」同人、日本児童文学者協会会員 JBBY会員
〔家族〕 夫 息子その1(人間) 息子その2(人間)、息子その3ルウ(トイプードル) 息子その4モカ(トイプードル)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR