FC2ブログ

大田小学校へ

今年も、東海市の大田小学校に呼んでもらった。
大田小学校を訪問するのは、これで5回目だ。
毎年、2年生で読み聞かせ。
6年生で、作家の仕事についての話をすることになっている。
今年は、最初に読み聞かせをした2年生が、6年生になって再会! という運びになった。

6年生の子たちに、
「みんな、2年生のときに『がっこうかっぱのイケノオイ』読み聞かせしてもらったの覚えてる?」
と聞くと、
「ああ、あった。あった。そいうこと」
結構たくさんの子がうなずいていた。
「あのとき、みんなに読み聞かせしたの、わたしです」
そのとたん、「あー」「そうかあ」の声が上がった。
4年前にたった一度読み聞かせをした人のことなんて、みんな忘れてて当然だ。
でも、この瞬間、過去の思い出と、図書室で見た何冊もの本とわたしがつながった。
今日は、PowerPointを使って話をした。
00tasho20186
最後に感想を言ってくれた女の子が
「応援しています」
といってくれて、ちょっとうれしくなってしまった。

2年生は、「がっこうかっぱのイケノオイ」「くつかくしたの、だあれ」「先生、しゅくだいわすれました」「ななとさきちゃん、ふたりはペア」『おかわりへの道」を簡単に紹介し、
「どれがよんでほしい?」
と手をあげてもらった。
「先生、しゅくだい」が圧倒的に多かった。
次点は「おかわりへの道」。
ootasho20182
読んでいる最中に、足もとから
「ほら、あそこ」「ほんとだ」の声がきこえてきた。
前列の子たちが、表紙の絵とお話がつながっていることに気づいたらしい。
今年の2年生は、反応が大きかった。
おもしろい場面は笑うし、つっこむし、意見をいう。
こういう元気な学年も大好きだ。

毎年行く度に、自著を置いてくるのだけど、
校長先生が早速読んでくださって、
「これ、いい話だねえ」と『おかわりへの道』をほめてくださった。
そうそう、校長先生は、去年、わたしが野間賞をとったとき
全校集会でこどもたちに発表してくださったと聞いている。
司書さんは、わざわざ質問をメモして待っていてくださった。
教頭先生が帰りに
「来年もお願いしますね」
と声をかけてくださった。
そういった一つ一つの心遣いがとてもうれしい。

来年も、呼んでくれるといいな。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secret

プロフィール

yamamoto etsuko

Author:yamamoto etsuko
「神隠しの教室」(童心社)で、第55回野間児童文芸賞受賞。「先生、しゅくだいわすれました」「がっこうかっぱのイケノオイ」「ポケネコにゃんころりん」シリーズ、「テディベア探偵」シリーズ、「夜間中学へようこそ」などの著書を持つ児童文学作家。愛知県半田市在住 児童文学同人誌「ももたろう」同人、日本児童文学者協会会員 JBBY会員
〔家族〕 夫 息子その1(人間) 息子その2(人間)、息子その3ルウ(トイプードル) 息子その4モカ(トイプードル)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR