FC2ブログ

コンタクトレンズがひっくり返った!

昨日の朝、大田小学校に行く前の話。
普段家では眼鏡だが、お出かけするときはコンタクトレンズにしている。
で、昨日も、出かける前にコンタクトを入れた。
でも、右目がなんだかクリアじゃない。
もう少し洗おうかと外した。
そのとき、一瞬あれ?と思った。
指先で感じるコンタクトレンズのカーブが、いつもとちがう。
でも、気のせいかな、洗浄液でこすり、目の中に。
でも、なぜだか、はいらない。
頑張っていれると、黒目からそれて目の奥に入っていってしまう。
(このあたり、ハードコンタクトの人しかわからないかも)
目の中を探り、コンタクトを下に下ろし、黒目に入れようとしても全然だめ。
ずれていく。
おかしい。もう一度。
その思っているうちに、コンタクトがぽろっと落ちた。
どうしよう。見ても全然わからない。
探し始めると、時間がかかって遅れてしまうかも。
しかたないから、左目のコンタクトを外し、眼鏡にし、出かけることにした。

午後に家にもどってから、
改めてコンタクトを探す。あった!
よかった~と思ったけど、どう考えても手触りがちがう。
左のコンタクトと比べると、カーブが明らかにちがう。
コンタクトというのは黒目のカーブに沿って作られている。
でも、今、右のコンタクトは、どう見てもかなり平らだ。
変形してる?
しかたないので、コンタクトのお店に行った。
ケースに入れたコンタクトをお店の人に渡し、
「コンタクトが変形してないか、確認してほしい」と告げる。
しばらくすると、お店の人が申し訳なさそうに戻ってきた。
「山本様、今確認しましたところ、このコンタクトレンズは、ひっくり返っています」
「ひっくり返ってる?」
「ええ、見事にパコンと」
お店の人は、指で、パコンとひっくり返る様子を見せてくれた。
「原因は、よくわかりませんが、年に一人か二人くらいは、そういう方がおられます」とのこと。
「このレンズは、もう使わない方がいいかと」
いわれなくても使わないよ(笑) はまらないし。

で、結局新しいレンズを買った。

その後、お店の人と話していて原因が判明した。
それはわたしが毎日使っている洗浄液にあった。
ここ数ヶ月、わたしは「スーパークリーナー」という洗浄液でコンタクトを洗っていたのだ。しかも、右目だけ。
というのも、昨年の10月くらいから、右目のコンタクトがなぜかよく曇ったのだ。
多分、汚れが取れていないのだろうと思い
保存液などでよく洗っていた。しかし、なかなかきれいにならなかった。
だが、今年の1月。前に買って使わずにおいてあったスパークリーナーという強力洗浄液が、あることに気づいた。
それで洗ってみると、一気にきれいになった。
なあんだ。こんないいものがあるじゃないか。なぜ使わなかったのだろう。
その日から、わたしは、必ずスーパークリーナーで洗うようになった。
だって、すっきりきれいにしたほうがいいから。

でも、それがまちがいだったのだ。
スーパークリナーには、研磨剤が入っていたのだ。
たまに使う分にはいいが、毎日使ってはダメだったのだ。
しかし、わたしは、使うたびに使用していたため
コンタクトレンズは、徐々に薄くなっていたのだ。
そして限界を超え、わずかな指の動きでパコンと。

なにやってるんだろ、わたし(笑)


その後、会計するときに、
「コンタクトがひっくり返っていた」と報告したら、驚かれた。
「カーブがなくなって、ほぼまっすぐになってたの」
というと、
「それって、はまるんですか?」
「はまらないよ。一応やってみたけど」
「やったんですか? 一応」
ぷっと吹き出された。
最後に「いいお話が聞けて良かったです」って。
どうぞ、今後の参考になさってください。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

yamamoto etsuko

Author:yamamoto etsuko
「神隠しの教室」(童心社)で、第55回野間児童文芸賞受賞。「先生、しゅくだいわすれました」「がっこうかっぱのイケノオイ」「ポケネコにゃんころりん」シリーズ、「テディベア探偵」シリーズ、「夜間中学へようこそ」などの著書を持つ児童文学作家。愛知県半田市在住 児童文学同人誌「ももたろう」同人、日本児童文学者協会会員 JBBY会員
〔家族〕 夫 息子その1(人間) 息子その2(人間)、息子その3ルウ(トイプードル) 息子その4モカ(トイプードル)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR