FC2ブログ

22年前の出版お祝いの会

蓼内明子さんの出版お祝いの会の準備をしていたら
自分のときのことを思いだした。
「ももたろう」デビュー1号だったので、
まだ誰の出版お祝いの会にもでたことがなくて
同人のリーダー的な役割のHさんが、
「出版お祝いの会をするよ」と電話してくれたときも
「そんな大げさなことはいいよ」と断った。
でも、Hさんは、「みんなやるものなのよ! 心配しないでも全部準備してあげるから」と、本当に全部やってくれた。
当日も駅まで迎えに来てもらって、会場まで行ったので
実はどこでやったのかすら覚えていない(^_^;)
最近、その時来てくださった方が
「あれは、神田の○○だったよね」と、言ってたので
ほ~。そうか。神田だったのかと。
「タイ料理」のお店だったことだけ覚えている。
そのころは、辛いものが苦手だったので、
「よりによって……」と思ったことも記憶にある。(笑)
でも、緊張してて、どっちにしても食べられなかったと思う。
(あの頃は緊張することがあったんだなあ、わたし)
みんなにいっぱいいっぱい褒めてもらって、本当にうれしかった。
出版お祝いの会って、「褒め言葉」のシャワーを浴びる会なんだな。
その時もらった言葉が、ずっとずっと体に残ってる。
shuppanniwai400
その時撮った写真は、ずっと机の上に飾ってある。
(でも、冷静になってみてみると写ってない人が数人。
 会を開いてくれたHさんの姿もない。
 みんな自由すぎる)
誰の許可も得ず、写真を載せますが……。
もう20年以上も前なので、お許しください。

でも、この写真がわたしの原点だ。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

yamamoto etsuko

Author:yamamoto etsuko
「神隠しの教室」(童心社)で、第55回野間児童文芸賞受賞。「先生、しゅくだいわすれました」「がっこうかっぱのイケノオイ」「ポケネコにゃんころりん」シリーズ、「テディベア探偵」シリーズ、「夜間中学へようこそ」などの著書を持つ児童文学作家。愛知県半田市在住 児童文学同人誌「ももたろう」同人、日本児童文学者協会会員 JBBY会員
〔家族〕 夫 息子その1(人間) 息子その2(人間)、息子その3ルウ(トイプードル) 息子その4モカ(トイプードル)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR