FC2ブログ

静かな子どもたち

少し前から小学校も分散登校がはじまって
子どもたちが学校にいっているはずなのだけど
ちっとも登校の気配が感じられない。
うちは通学路の途中にあるので
朝と夕方は、にぎやかな声が聞こえてくるはずなのに。

今朝見ていたら
子どもたちはちゃんと学校に向かっていた。
通学班で並んで、
みんなマスクをつけて、静か~に。
だれもしゃべってない。
どの顔も緊張してる。

教室に行っても、お友達とさわいではいけない。
近づいてもいけない。
おしゃべりは基本的に禁止。
頻繁に手洗いして
うがいして、
消毒して。
こどもたち、疲れるだろうなあ。
つまんないだろうなあ。


学校開始はいいけど
先生も生徒も、こんな状態ではじめてよかったんだろうか。

分散登校にして、午前と午後に分けろとか
いや、それだと授業が進まないから、教室をわけろとか。
無理だし。
先生も教室も、そんなにあるはずないじゃん。
給食の配膳も掃除もトイレの清掃・消毒も、
子どもが帰った後の教室内の消毒も、みんな先生がやれっていうのも
はあ?
体、いくつに分けろって?
忍者かっ。

学校のことなんて何にもわからない人たちが
言いたいことだけいって
後はお任せ、先生たちなんとかやってねって感じだ。

これが新しい生活だとしたら
みんな、壊れるよ、絶対。
なんとかしなくちゃいけないと思う。


昨日、再放送が終わったのだけど
「JIN~仁」、最初のシリーズから完結編の最後まで、1話もかかさず見た。
ここ三週間、土、日の午後は、全て「仁」に費やした。
しかし、費やして悔いなし。
いいドラマだった。
ものすごく感動して観てるのに
ふと気がつくと、
「ここに薬が落ちているのはおかしくないか」とか
「だとしたら、これはエンドレスじゃないか」とか
「これでは、誰もたすけていないのでは」とか
「未来ということばは、いつが発祥なのだろう」とか
あれこれ考えてる。
いいドラマだったのに……。


Twitterにも書いたのだが
「先生、しゅくだいわすれました」の20刷の見本が届いた。
20zuri
5年半でとうとう20刷まできた!
最初の頃は
どこの本屋さんにもなくて、親せきのおじさんから、
「悦子の本は、本屋で見たことがないけど、どこに売っとる?」
といわれてしまったりしていたのだけど。
今は、たいていどこの書店さんにもあって
ここまで広めてくださった、童心社の方々に心から感謝だ。
ありがとうございました。
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

yamamoto etsuko

Author:yamamoto etsuko
「神隠しの教室」(童心社)で、第55回野間児童文芸賞受賞。「先生、しゅくだいわすれました」「がっこうかっぱのイケノオイ」「ポケネコにゃんころりん」シリーズ、「テディベア探偵」シリーズ、「夜間中学へようこそ」などの著書を持つ児童文学作家。愛知県半田市在住 児童文学同人誌「ももたろう」同人、日本児童文学者協会会員 JBBY会員
〔家族〕 夫 息子その1(人間) 息子その2(人間)、息子その3ルウ(トイプードル) 息子その4モカ(トイプードル)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR