FC2ブログ

ダンスwithカメムシ

月曜の夜はzumbaだ。
もう4年ほど通っている。
zumbaとは、ラテン系の音楽に合わせて踊るダンスエクササイズのことだ。
とにかく、ハードで、楽しい。
50分のレッスンを終えると、シャワーをあびた後のように汗びっしょりになる。

まあ、そんな説明はいいとして

昨夜のことだ。

踊っていると、なにやら臭う。

こ、これは……カメムシだ!

踊りながら、自分の服を確認するが、
踊っているのでわからない。

しかし、これは、超近距離の臭いだ。

曲の合間に、確認する。

すると……

なんと、足下に黒い点が!
カメムシがつぶれてる!!!
ぎゃー、踏んづけちゃったよ~(>_<)

しかし、泣いている場合ではない。
すぐ次の曲が来るのだ。
スタジオには、床ふきようのタオルが置いてあるので
タオルですばやくつつみ、スタジオの隅に。

くつの裏と床に残るカメムシ臭はどうすることもできないが
臭いは軽減されるはずだ。

しかし

おかしい

臭いは軽減されるどころか
さらにきつくなってくる。
激しく踊れば踊るほど、カメムシ臭も強くなる。
まるで、カメムシもパワー全開で踊っているかのように。

やられたっ!
やつらはペアだったんだ。
つぶれた夫(妻)の分も、異臭を放つカメムシ。
この曲は、カメムシのレクイエムなのか?

曲が終わり、あわてて体中を見回す。
でも、どこにもいないのだ。
もしや、服の中か?
さすがに、服を脱いで点検するわけにはいかない。

次の曲が始まっても、カメムシ臭はおさまらない。

ああ、もう、頭はカメムシでいっぱいだ

かつて、これほどカメムシ臭と戦いながら踊ったダンサーがいただろうか?
(ダンサーじゃありませんけど)

何曲目かが終わったとき、傍らを黒い物が飛んでいくのが目に入った。

あれだ、あれこそカメムシだ。
夫(妻)の追悼のダンスを終え、多分、誰かの背中へ。

とりあえず、私からはなれたことにほっとしつつ……


しかし、気がつけば、終了時間
終わると、いつも汗びっしょりなのだが
昨日は、なんだか、汗もカメムシ臭かったような……(^_^;)
スポンサーサイト



テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル : 日記

コメント

Secret

プロフィール

yamamoto etsuko

Author:yamamoto etsuko
「神隠しの教室」(童心社)で、第55回野間児童文芸賞受賞。「先生、しゅくだいわすれました」「がっこうかっぱのイケノオイ」「ポケネコにゃんころりん」シリーズ、「テディベア探偵」シリーズ、「夜間中学へようこそ」などの著書を持つ児童文学作家。愛知県半田市在住 児童文学同人誌「ももたろう」同人、日本児童文学者協会会員 JBBY会員
〔家族〕 夫 息子その1(人間) 息子その2(人間)、息子その3ルウ(トイプードル) 息子その4モカ(トイプードル)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR